てんてけてん日記

アラフォー独女の徒然日記です

派遣女とス●バ信仰

私はカフェというものが好きだ。

 

それも昔ながらの喫茶店的なカフェではなく、チェーン店で展開しているようなカフェが好きだ。

 

田舎の実家近辺には、都会では所狭しとあるチェーン店的カフェが皆無と言っていいほどなく、Uターン帰郷するにあたり悩んだりもした。

 

そこまで?!と思う方もいるかもしれない。

 

コーヒー好きの方に言わせれば、味が今一つ物足りないとか、混雑していて席がないとか、チェーン店であるがゆえの苦言が多々あるだろう。

 

しかしながら、私にとって、

 

トールラテ(約400円)を飲む = 一端の社会人になった

 

と同等の意味を持つのだ。


とりわけ、スター●ックスはその意味合いが強い。


そう、そこは私にとって聖域なのだ。 



スタ●との初めての出会いは、通っていた大学近くにできたショッピングモールの中にス●バができたことだった。


そこで私は初めてホットのカフェモカ(トールサイズ)なるものを注文した。

ベタベタに甘いチョコレート風味のコーヒーだった。しかしながら、ほんのりエスプレッソの苦みもあり、ちょっぴり大人な気分になったものだった。


それからはちょくちょくスタ●に通うわけだが、いやはや、一つ一つのコーヒー単価が高い。


その頃は、大学の講義が11時からの日は朝6-10時でホテルの朝食ウェイターのバイトをしていたし、夜は家庭教師のバイトをしたりしてそこそこお金もあった。

だからコーヒーの値段についてそこまで気にはしていなかった。

 


だがしかし、大学卒業後に本格的に自立をして、いざカフェでコーヒーを飲もうかと思っても、薄給の私にはそこまで余裕がなかったのだ。

 

だから仕事帰りに銀座の街中にあるカフェを見かけると、そこを横目に、

 

『もっとお金を稼ぐようになって、トールラテを飲むんだ!』

 

 

と思っていた。

 

 

・・・・・。

 

 


目標、低っっ!!!!!!!!!

 



って、いいんですよ。

 


いえね、言いたかったことは初心忘れるべからずと言いますか、、

 

派遣社員であっても、人並みにお給料を頂いて(私は専門的な事務をしていたので、派遣の中ではそこそこの給料だった。あくまで派遣基準でだが・・)、休憩中や仕事帰りにそのお金で買ったコーヒーと共に、ホッと一息つく時間が感慨深く、何より至福の時だったのだ。



 

コーヒー一杯を神のように崇め、

 


『自分、一人前の大人になりました。。!!!!』



と武者震いしておりました。

 

もはや狂信者ですね。


意味分かりません。はい。


 

 

・・・・・。

 

 

でも本当のところは、

 


『コーヒーを片手に颯爽と歩く自分かっこい~』

 


と、自分に酔っていた。



それに尽きる。

 

 

みんなそうでしょ。

 

結局のところ。



f:id:tenteketen444:20170205222300j:plain



ブログはじめました

はなです。


アラサー寄りのアラフォー独身女です。



去年、長らく住んでいた東京を離れ、田舎の実家にUターン帰郷して参りました。


田舎だしなぁ、この先はまったりした平凡な人生なんだろうな、と思っていましたが、派遣社員であったり、独身女、Uターン、再就職先がブラック企業等々、思い返すと流行り?のカテゴリーにはまっている自分に気づきました。


幸か不幸かは別として、そんな日常を綴っていくのも面白いんじゃなかろうか、ということでブログを始めてみることにしました。


そう、アラフォー独女のじめじめした悲壮感溢れるブログに、、




なーんて、しません。



『人の不幸は蜜の味』と言いますが、アラフォー独女の独り言を、面白おかしく、せんべいでもかじるつもりで(すでにおばちゃん感満載。。)、生暖かく読んで頂けますと幸いです。


よろしくどうぞ。

広告を非表示にする